楽天Edy(エディ)ってなに? たった3分で楽天Edyがわかる!

https://edy.rakuten.co.jp/howto/

楽天Edy(エディ)ってなに?

楽天Edyとは、楽天が運営しているプリペイド型の電子マネーになります。

プリペイド型のため、事前にチャージする必要があります。
しかし、楽天Edyには現金でチャージする他にもクレジットカードでオートチャージすることも可能です。
オートチャージには、「残高が〇〇円以下になったらチャージ」といった設定がありますので、利用金額によっては使えないことが出てくるかもしれません。

楽天Edyは、iphoneやおサイフケータイで利用することもできますし、カードで決済することも可能になっています。

楽天Edy(エディ)の使い方は?

楽天Edyは、下記の方法で利用することが可能です。


  • ポイントが貯まるEdyカード
  • Edy機能付き楽天カード(クレジットカード)
  • おサイフケータイ
  • iphone

基本的には、事前にチャージする必要がありますが、オートチャージを設定することができますので、「常に〇〇〇〇円以上入っている状態。」ということは作れます。
「3000円以下になったら、5000円チャージ」というような設定ができますので、1回あたりの支払金額によって最低金額を設定するようにしましょう。
コンビニの買い物で使う程度でしたら、3,000円以上あれば十分間に合うでしょうが、スーパーなどで買い物したい場合には1万円以上は最低でも入れておきたいのですよね。

楽天Edy(エディ)が使えるお店は?

楽天Edyが使えるお店は、楽天Edyのマークが付いているお店でしたらどこでも利用することができます。

ロゴマークが以前と変わっているので、間違えないようにしてください。
楽天のマークとEdyマークが入っているので間違えないでしょうが…。

https://edy.rakuten.co.jp/info/2017/0331_edy/

大手コンビニエンスストアでは、ほとんどの店舗で導入が完了しています。
スーパーも大手から地方のスーパーも対応し始めていますので、日常生活で使うものは楽天Edyですべて支払うことも可能でしょう。

コンビニ

https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

スーパー

https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

ドラッグストア

https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

ネットショップ

https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

本・CD & DVD

https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

家電

https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

百貨店・モール

https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

服飾・雑貨

https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

飲食

https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

アミューズメント

https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

サービス

https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

カーライフ

https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

ホテル・旅行

https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

楽天Edy(エディ)でポイントを貯めるには?

楽天Edyでは、通常の買い物で付く「楽天スーパーポイント」や「Tポイント」などのポイントの他に、楽天Edyでも200円で1ポイント貯まります。

楽天Edyを使うことで、楽天Edyのポイントが200円につき1ポイント貯まりますので、2重、3重でポイントが貯まるようになります。

主にポイントが貯まるのは、下記になります。

  • 楽天スーパーポイント
  • ANAのマイル
  • Pontaポイント
  • Tポイント
  • EPOSポイント
  • ビックポイント(ビックカメラ)
  • マツキヨポイント
  • ヨドバシボールドポイント

詳細はこちらから

楽天Edy(エディ)ってチャージしなければいけない?

楽天Edyは、プリペイド型電子マネーなので、基本的には事前にチャージしなければ利用することができません。
残高不足で支払いできないということもありますので、残高をきちんと確認しておくようにしましょう。

チャージには、色んな方法がありますし、おサイフケータイやEdyカードなどでチャージ方法が変わりますのでご注意ください。

詳細は下記の表でご確認ください。

https://edy.rakuten.co.jp/howto/charge/

オートチャージができるのは、「Edy機能付き楽天カード」「おサイフケータイ」「iphone+Edyカード」の3つだけになっています。
多くの方がスマホを利用しているでしょうから、スマホでEdyを利用することが多いでしょう。
ですので、スマホを利用すればオートチャージができるので便利ですね。

また、楽天カードを作る人や楽天カードを持っている人は、Edy機能付きに変更してもらうこともできるでしょう。

楽天Edy(エディ)のメリットとは?

楽天Edyを使うことでどんなメリットがあるのかをご紹介します。

楽天Edyを利用すると、200円で1ポイント貯まる

楽天Edyで支払いをすることで、200円毎に1ポイントが貯まります。
1,000円で5ポイントなので、0.5%のポイントが付くと言うことですね。

現金で支払いをしている場合にはポイントが貯まりませんので、少しずつですがポイント分がお得になります。

ワンタッチなので支払いが簡単!

楽天Edyの支払いは、「楽天Edyでお願いします。」と伝えるとワンタッチで支払いすることができます。
ピットタッチするだけなので、細かい計算などが必要ありません。

じゃらじゃらと小銭を持ち歩かなくても良いので、財布が重たくならないのも良いですね。

チャージするときにもポイントが貯まる

楽天Edyにチャージするときには、クレジットカードを利用することができます。
クレジットカードからチャージすることで、クレジットカードのポイントが付きます。
クレジットカードのポイントと楽天Edyを利用したときのポイントの2度ポイントが貰えるので良いですね!

しかし、楽天カードからチャージしても0.5%しかポイントが付きません。
クレジットカードによって還元率が変わってきますので、1%以上のポイント還元率のクレジットカードを紹介します。

JQ CARD エポスゴールド 0.5~2%
SuMi TRUST CLUB プラチナカード 1.62%
SuMi TRUST CLUB ゴールドカード 最大1.21%
デルタスカイマイル SuMi TRUST CLUB
プラチナVISAカード
1.5%
デルタスカイマイル SuMi TRUST CLUB
ゴールドVISAカード
1.3%
リクルートカード 1.2%
エディオンカード 1%
TOKYO CARD ClubQ JMB PASMO TOKYU 1%

とりあえず、管理人は持っていないクレジットカードばかりです(笑)。
楽天カードのポイント還元率が0.5%なので、もう少し頑張って欲しいものですね!

プリペイド型電子マネーなので使いすぎない

プリペイド型電子マネーなので、チャージしないと使えません。

SuicaやPASMO、デビットカードなどと同じで、お金が入っていないと使えませんので、使いすぎるということがないのが良いですね。

クレジットカードだとはsなんするまで使ってしまうという人にはありがたいサービスでしょう!

楽天Edy(エディ)のデメリットとは?

楽天Edyのデメリットをまとめてみました。

チャージ・残高を把握するのが面倒

https://edy.rakuten.co.jp/howto/card/edy_rpointcard/inquiry/

楽天Edyの残高を確認はレジやチャージするときなどにしか確認することはできません。
ですので、基本的にはレジなどで支払いをしたときに残高を確認しておくしか無いでしょう。

自動チャージすることができるので、面倒な方は自動チャージを設定するようにしてください。

https://edy.rakuten.co.jp/howto/card/edy_rpointcard/inquiry/

パソコンでも残高の確認をすることができますが、「楽天Edyリーダー」か「FeliCaポート/パソリ」が必要になりますので、現実的ではないのかなぁと思います。

楽天Edyが使えないお店がある

楽天Edyだけではなく、電子マネーのデメリットに使えないお店があるということが出てきます。

コンビニや大手飲食店、大手スーパーではほぼ電子マネーに対応しているのですが、地方のスーパーや小さいショップでは導入されていないお店も少なくありません。
ですので、楽天Edyで全ての支払ができるかというと、現状ではまだまだ難しい部分ではありますね。

まとめ

楽天Edyは、チャージが必要なプリペイド型電子マネーなので、使いすぎることがないのが最大のメリットかも知れません。

また、クレジットカードを作れない人でも現金でチャージすることができるので、誰でも作れますね。

子どもにお金をもたせるのではなく、必要な金額をチャージした楽天Edyを渡すのも使いすぎなくて良い方法かもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です