オススメのパソコン用マイクは? テレワークやZOOMを快適にするマイクを紹介

新型コロナウイルスの影響で、テレワークやZOOMでのお仕事、オンライン飲み会などが多くなってきています。
ノートパソコンがあれば、カメラが付いていてマイクとスピーカーも付いていますが、音質が悪く、相手に声が届かないということもチラホラあるでしょう。
スピーカーは、スマホなどで音楽を聞いているときに使っているイヤホンを使用している人も多いかと思いますが、マイクが付いていないと別に購入する必要があるでしょう。

特に仕事でテレワークやZOOMなどのオンラインでのやり取りが必要な方は、相手にきれいな音が届くようにマイクを設置したほうが良いでしょう。
ここでは、高性能マイクや人気が高いマイク、コスパがいいマイクを紹介していますので、参考になると幸いです。

マイクの選び方

パソコンで使用するマイクにはいくつか種類があります。

  • マイク単体
  • ヘッドセット
  • スピーカーフォン

マイク単体

イヤホンやヘッドフォンのように耳を塞ぐデバイスが苦手な方や、スピーチの音質を重視したい方には、マイク単体での使用をお勧めします。
カーディオイドマイクは周囲の音を拾いにくく、マイクが向いている方向に音を集めることができるため、ハウリングのリスクを軽減することができます。

また、無指向性または指向性切替型のモデルは、マイクを一緒に使用したい人のグループに最適です。
使用人数に合ったモデルを選ぶようにしましょう。

ヘッドセット

ヘッドセットは、イヤホンやヘッドホンとマイクが一体化しているのが特徴です。
マイクから使用者の口までの距離が短いため、ノイズを拾いにくく、比較的クリアな音質が得られます。

ズーム会議で使用されるマイクの中では最も一般的なタイプです。

スピーカーフォン

オンライン会議中に複数人が同じ部屋で会議をする場合は、接続されたデバイスに内蔵されているスピーカーよりも音量が大きいだけでなく、部屋の中で複数人が話している音を拾って他の参加者にも伝わるマイク内蔵スピーカーを使うことをおすすめします。
これにより、自分にも届くため、会議をより効率的に進行させることができます。

ただし、お互いのスピーカーから音が出ているような会議をしていると、自分の声が反響し続けてしまう可能性があるので注意が必要です。
スピーカーを選ぶ際には、残響を防ぐ「エコーキャンセル」機能がついているかどうかを確認しましょう。

接続方法で選ぶ

接続には有線と無線があります。
有線のほうが途切れないという印象があるかと思いますが、最近では無線でも途切れません。
しかし、無線のほうが値段が高い傾向にありますので、コスパ重視でしたら有線のほうが良いでしょう。

有線タイプを選ぶ際には、USBタイプを選ぶと良いかもしれません。
スマホで使い場合には、無線タイプやイヤホンジャックが良いですが、PCはの場合にはUSBタイプの方が使い勝手が良いと思います。

無線タイプをPCで使う場合には、PCにBluetoothがついているか確認しましょう。
最近のノートパソコンには、Bluetoothが搭載されていることが多いですが、Bluetoothが無いとUSBタイプの受信機が必要になってきます。

ほとんどのスマホにはBluetoothはついているので、スマホで使う場合には、接続方法の確認をしましょう。

Amazonで人気のマイクを紹介

ここではAmazonで人気が高いマイクを紹介しています。
マイク・ヘッドセット・スピーカーフォンを3種類を紹介していますので参考にしてみてください。

SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-PCV80U

SONY製のコスパが良いマイクです。
口コミも高く、オンラインでの会話では十分の性能があります。

本格的な動画の撮影などには向いていないという口コミもありますので、入門編のマイクと言ってもいいでしょう。

 

Kungber コンデンサーマイク

Amazon choiceにも選ばれている人気が高いコンデンサーマイクです。
マイクの入門者向けでコスパが良い商品という口コミが多くあります。

ポップガードもついているので、ノイズも拾いにくく、コンパクトでカワイイマイクです。

 

ロジクール ヘッドセット H111r

1000円台で買えるコスパ最強のヘッドセットです。
安いですが、ロジクールなので信頼性は高い商品です。

「とにかく、何でもいいから会話できるやつ!」という方にはピッタリのヘッドセットでしょう。

 

エレコム ヘッドセット HS-NB05USV

エレコムのヘッドセットです。
こちらは、耳にかけるタイプのヘッドセットなので、髪の毛が乱れにくいタイプです。

パソコンにUSBで差し込むだけで使用できるので、ソフトウェアを入れたりする手間はありませんので、パソコンに疎い方でもかんたんに使用することができます。

 

Anker PowerConf スピーカーフォン

Anker PowerConfのスピーカーフォンは、大人数で使用するタイプになります。

大人数で会議をしていても、相手方には音量を調整して届けてくれるので、マイクに近い人も遠い人も同じくらいの大きさの声に自動で調整してくれます。
ワイヤレス接続とUSB-C、USB-Aケーブルの有線接続の両方に対応しているので、どんな環境にも適しているでしょう。

 

eMeet Luna スピーカーフォン

こちらも大人数用のスピーカーフォンです。
8~12人の中大会議に最適とされていて、自動で人の声の大きさを調整してくれる機能もついています。

ワイヤレス接続とUSB接続の両方に対応しています。
充電が気になる方はUSB接続にすることで、充電する手間も省けます。

 

まとめ

マイクは様々なタイプがありますが、一人で使う場合でも、「マイク+イヤホン」がいいという人もいれば、ヘッドセットがいいという人もいます。
ここでは紹介していませんが、ワイヤレスイヤホンでもマイクが付いているので快適に使用することはできるでしょう。

しかし、相手にきれいな声を届けることを考えると、マイクと耳は別にしたほうが安定するでしょう。
大人数の場合には、スピーカーフォンを使用することで、声の大小を自動調整してくれます。

自宅で一人で使う場合には、「マイク+イヤホン」をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です