空気清浄機の必要性は?! 花粉やホコリから赤ちゃんを守れる!

私が子供の頃には、空気清浄機を持っている家庭はほとんどいませんでした。
現在では、家庭でも使用している人が多いですし、病院などの感染を防ぐためにも空気清浄機が使われています。

空気をキレイにすることで、人間の免疫力が弱くなるという話もありますが、花粉やホコリ、ハウスダストなどを除去するには最適な家電になります。
特に、小さい赤ちゃんがいる家庭では、空気汚染が気になるところではないでしょうか。
また、花粉症がひどい人も空気清浄機を回していれば、症状が緩和するという口コミも多いです。

空気清浄機は、用途によって色んなものが販売されていますので、あなたに最適な空気清浄機を選ばなければ、効果を感じることができないので注意しましょう。

空気清浄機にはどんな種類がある?


  • ファン式空気清浄機
  • 電気式空気清浄機

空気清浄機と言っても、ファンを回して空気中の汚れを吸い取るタイプや静電気の力でホコリなどを除去するタイプなど様々です。

ファンが回るタイプの空気清浄機は、ファンの音がするため、寝室などでは利用しないほうが良いでしょう。
逆に静電気で除去するタイプの空気清浄機は寝室には最適です。

これらのタイプに加えて、加湿機能がついている空気清浄機やイオンを発生させる空気清浄機もあります。
花粉も吸い取ってくれる空気清浄機は、花粉対策として人気が高いですが値段も高くなります。

空気清浄機の選び方は?

空気清浄機を選ぶときに注意する点をいくつか紹介します。

適用床面積(広さ)

まず、いちばん重要なのは適用床面積です。
一般的に、「空気清浄適用床面積の目安 25畳」のように表記されています。
適用床面積が広ければ広いほど、空気清浄機の値段も高くなります。

また、広い部屋を一つの空気清浄機でキレイにしようとなると、空気の循環を作るために大きなファンが付いていると考えられますので、必然的に音も大きくなってしまうでしょう。

部屋が広い場合には、小さめの空気清浄機を2台回すというのもありかもしれません。

フィルター(お手入れのしやすさ)

空気清浄機は、フィルターが汚れてしまいますので、定期的にフィルター交換をしなければいけません。

シャープの空気清浄機では、「交換の目安:約2年 一般家庭で1日タバコ5本吸った場合。」となっていますが、状況によっては、半年~1年くらいで交換しなければいけなくなるでしょう。

シャープのフィルターだと約2000円程度ですが、メーカーによって値段が変わってきます。
ランニングコストがかかってしまう点も注意しましょう。

また、フォルター不要の空気清浄機もありますが、性能が低いというレビューもありますので注意が必要です。

加湿・除湿機能

加湿することで、乾燥肌対策やウィルスを抑えやすくなる効果が期待できます。
梅雨などのジメジメした時期には、除湿機能がついていると、洗濯物もカラッと乾いてくれるのでありがたい機能です。

しかし、性能が良いほど値段が高くなってしまいます。
また、フィルター交換や掃除などの手間が増えるという声があるので、加湿・除湿機能はつけないで加湿器と除湿機を購入したほうが良いかもしれません。

イオン

イオンといえば、プラズマクラスターが有名ですね。

イオンがあることで、空気清浄効果が高くなると言われていますし、防臭効果も期待できると言われています。

あなたのお財布と相談して、購入できるならイオン付きの空気清浄機のほうが効果を期待できるでしょう。

脱臭機能

タバコのニオイやペットのニオイなど、脱臭機能がついている空気清浄機もあります。

ペットと長年暮らしている方はわからないかもしれませんが、ペットと暮らすとニオイが色んな所に付いてしまいます。
また、タバコを吸っている人もタバコのニオイが充満してしまいますので、脱臭機能付きがオススメです。

おすすめの空気清浄機

アマゾンや価格ドットコムで人気が高い空気清浄機を紹介します。

シャープ プラズマクラスター

シャープのプラズマクラスターは、スタンダードモデルから加湿機能がついたもの、10~31畳モデルなど大小の空気清浄機が上位にランクインしています。
空気清浄機といえば、「プラズマクラスター」というのが、世間的に浸透しているということでしょう。

加湿機能がついているタイプの空気清浄機でしたら、加湿器が必要ありません。
「10年交換不要の抗菌・防カビ加湿フィルター」ということなので、お手入れもできるだけ簡単にできるように設計されています。
大きなホコリをキャッチする、背面についたプレフィルターは、パネルの取り外しがなく、そのまま掃除機で吸うことができるので簡単にお掃除することともできます。

空気清浄機で悩んでいるなら、シャープのプラズマクラスターを購入すれば間違いないでしょう。

口コミ

  • 寝室に置くと音が気にあるが効果は抜群。型落ちでも性能は十分です!
  • プラズマクラスターを置くようになってからは風邪を引いて寝込むことがなくなりました。
  • 過失の水の補充が面倒ですがかなり良い。空気がきれいになっていると実感できる。
  • 加湿機能が思ったよりも発揮している。
  • 花粉モードにするとちょっとうるさい。

花粉症対策の満足度が高い空気清浄機を紹介

ここでは、花粉症対策としての利用で満足度が高い空気清浄機を紹介します。

Panasonic F-PXP55

花粉など、空気中のさまざまな汚染物質に効果を発揮する独自の「ナノイー」を搭載した空気清浄機。
部屋に充満するさまざまな生活臭をセンサーが見つけ、ニオイを取り除く。
下に吸引口を搭載しているので、花粉やダニの死がい、チリなどの吸引しにくい大きく重い汚れもしっかり吸引できる。

ダイキン MCK55U

家具の隙間や壁際などにもすっきり収まる、横幅27cmのスリムボディを採用したストリーマ空気清浄機。
ファンをフィルターの下部に配置し、ワイドな吹き出し口を採用することで、人が感じる運転音を低減している。
ニオイをフィルターに吸着させ、ストリーマで分解する「静電HEPAフィルター」を搭載している。吸着能力が再生するため、脱臭能力が持続する。

日立 クリエア EP-MZ30

PM2.5にも対応した、奥行13cmのコンパクトな空気清浄機。
8畳なら18分、15畳なら30分で清浄できる(※部屋の広さは天井高2.4mで算出)。
ニオイや花粉もキャッチできる「アレルオフフィルター」を搭載。

まとめ

花粉症対策で満足度が高い空気清浄機には、シャープのプラズマクラスターは入っていませんでした。

Panasonicやダイキンなどのほうが、花粉症対策には強いのかもしれません。

基本的にシャープのプラズマクラスターを購入すれば、花粉症対策にも効果を感じることができるかと思いますが、使用状況や部屋の広さによっては「シャープよりもダイキンのほうが良かった。」ということになる可能性はあるでしょう。

プラズマクラスターの口コミを見てもらえればわかりますが、音がうるさいというレビューや加湿機能の水がなくなったときのランプが点かないなどの細かい不具合が報告されています。
電化製品なので個体差はありますし、あなたに合わないメーカーというものあるでしょう。
生理的に受け付けない(以前嫌なことがあった)メーカーもあるでしょうから、いろんなメーカーの空気清浄機を検討してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です