stasher(スタッシャー)が主婦の味方として大人気! 料理の幅も広がる?!

出典元:https://stasherbag.jp/

スタッシャーは「ヒルナンデス」でも紹介された、新しいタイプの保存容器です。
シリコーンタイプで、繰り返し使える食品保存容器の進化系として登場しました。

多くの主婦が、タッパーなどのプラスチック容器を利用していますが、シリコン容器は安全で繰り返し使える素材なので、自然環境のことも考えられて、アメリカ・カリフォルニア州で誕生しました。

想像しやすく言うと、「ジップロックのようなシリコンバック。」と言えるかもしれません。
例えば、ジップロックの中に、材料を入れて混ぜ合わせてハンバーグをつくるなどの使い方をしている人も多いです。
あまった食品や食材をジップロックに入れて保存する方も多いでしょう。

スタッシャーは、ジップロックよりも頑丈で、約3,000回洗って繰り返し使えるようにできています。
また、「蒸す・冷凍、冷蔵保存・電子レンジで温め、解凍・食洗機で洗う」などなど、ジップロックよりもコスパが良い商品になっています。


スタッシャーの口コミ

スタッシャーの口コミをまとめてみました。

良い口コミ

  • 物を入れても調理に使っても万能!
  • 密閉性は抜群なので汁物でも保存できる!
  • お弁当の汁もれが嫌だから、スタッシャーを使っています。
  • 業務用のナッツを入れるために購入。お菓子を入れやすいサイズもあるからいい!
  • キュウリなどを切って漬け込んでおくだけで漬物が簡単にできます。
  • 耐久性と洗やすさは申し分ない。
  • 蒸し器として使用できるので便利。

悪い口コミ

  • レンジ、ボイル、オーブン、何をするにも熱すぎて触らないので逆に時間かかる
  • サイズが意外と小さいので、大きめを買ったほうがいい。
  • 口が小さいから、出し入れがちょっと不便で洗いにくい。

保存用の入れ物としてはかなり優秀だという口コミが多いです。
特に、漬物などを作るときやお肉に下味をつける際に保存しておく容器としてはかなり優秀です。

また、スタッシャーに入れたまま、蒸すこともできるので、調理の幅も広がったという声もあります。
密封性の高さから、お弁当箱の代わりに使っているという人もいました。

まだ改善ポイントがあるように感じましたが、完成度はかなり高いでしょう。
これから改良されてくれば、もっと良い商品に変貌していくでしょう。

スタッシャーを使ったレシピ

スタッシャーを使ったレシピを紹介します。

豚肉と白菜のミルフィーユ「レンチンのみ」

  1. 豚肉と白菜を見るフィール上に重ねる。
  2. 口をしっかり締めたあとに、端を少し開けて、レンジで10分チン!
  3. お肉にしっかり火が通っていたら、ポン酢などを付けて出来上がり!

スパゲッティ!「トマトスパゲッティやカルボナーラも」

  1. パスタが入るように半分に折り、スタッシャーに入れます。
  2. ベーコンなどの材料と調味料を全て入れます。
  3. パスタの湯で時間をレンジで温めます。
  4. 一度レンジから出して、パスタや材料をしっかりほぐしましょう。
  5. 再度、電子レンジで3分程度温めれば出来上がり。

このように、レンジとスタッシャーがあれば、簡単に調理ができてしまいます。
ここで紹介している2品以外にも、多くのサイトでスタッシャー料理が紹介されています。
基本的に、混ぜて温める料理だとレンチンのみで調理することは可能でしょう。
あなたのアイデア次第で、洗い物が出ないで調理することができます!

スタッシャーはどこで買える?

スタッシャーは、楽天やAmazon、Yahooショッピングでも購入することができます。


Amazonで見る!

楽天で見る!

その他にも、実店舗でも購入することができますので、大きさが気になる方は実店舗で大きさを確認してから購入したほうがいいでしょう。

  • ヨドバシカメラ
  • ロフト
  • 一部百貨店
  • PLAZA
  • スタッシャー 公式HP

まとめ

スタッシャーは調理にも使える便利な食品保存容器ですが、人によっては使いこなせていない人もいるようです。

スタッシャーレシピは、ネットで検索すれば色んなレシピが出てきます。
保存に使う場合は、今までタッパーなどに入れていたものをスタッシャーに変えるだけです。
汁物でもスタッシャーに入れて、冷凍保存をすることもできるので、2,3日分の食事を一気に作って保存しておくということもできますね!

使い方さえ間違えなければ、主婦の大きな味方になることでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です