アルバイトを辞めるときは何日前に話しておく?! バイト先のことを考えるなら早めに伝える

アルバイトを辞める時には、「明日ヤメます!」ということでは、働いているものとしては無責任な行動になってしまいます。

一般的な常識として言われていることや法律の観点からもアルバイトを辞める時には、何日前に伝えなければならないかということを考えてみましょう。

民法では14日前に伝えるとなっている

民法第627条第1項では、「当事者が雇用の期間を定めなかったとき(アルバイト期間を決められていない場合)」には、2週間前(14日)に辞める意志を伝えることで、アルバイトを辞めることができるように定められています。

民法第627条
1.当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

これは、多くの方が知らない法律だと思いますし、雇用側(バイト先の店長)でも知らないという人が多いかもしれません。
ですので、忙しいアルバイト先の場合だと、「2週間前だと非常識だ!」と言われることがあるかもしれません。

一般的にアルバイトを辞めるときには1ヶ月前に伝える

多くのアルバイト先では、「辞めるときには1ヶ月前には申告してください。」というところが多いのではないでしょうか。

働くひとが急に減るということは、新しいアルバイトを探さなければいけないので、できるだけ時間を稼ぎたいところです。
コンビニや飲食店などでは、人の入れ替わりが激しいですし、人手不足で猫の手も借りたいほどでしょう。
ですので、1ヶ月前もしくは、2ヶ月前から言ってくれと言われるところもよくあると思います。

管理人も若いときには、アルバイトや仕事を急に辞めたくなって、1ヶ月前と言わずに、「明日から行きません。」ということもありました。
今では迷惑をかけたなぁと反省していますが、若いときには我慢ができないという人も多いでしょう。
ですが、急に辞められると迷惑がかかってしまいますし、給料を支払ってくれないなどといったことも可能性としては0ではないです。
穏便に済ませるためにも、2週間前と言わず、1ヶ月前から伝えておいたほうが辞めやすいと言えるかもしれません。

雇用契約の期間が決まっている場合

雇用期間が「最低3ヶ月勤続」などのように、期間が決められている場合には、契約期間満了まで働くのが筋です。

やむを得ない場合には仕方がないですが、働く時に決める約束なので、社会人としては守らなければいけません。
やむを得ない場合でも、雇用者が納得出来ないことだとした場合、罰金などの損害賠償を支払う義務が発生してしまうこともありますので注意が必要です。(民法第628条)

第628条
当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

稀ではあるかと思いますが、契約内容によっては、期間満了前にアルバイトを辞める場合には、「給料の減額」「罰金の支払い」などが契約書に書かれていることもあるようです。
契約書にサインをしてしまっている場合には、罰金を支払わなければいけなかったり、最後の1ヶ月間の給料がほぼもらえなかったりする可能性が十分にあります。
期間限定のアルバイトをする前には、契約書をよく読んでおかなければいけません。

辞めるときには、責任者に直接伝える

最近では、アルバイトのシフトの確認などもLINEなどを利用して連絡を取り合っているバイト先も少なくありません。

だからといって、辞める時にLINEやメールで連絡をする人がいます。
当然ですが、LINEやメールで辞めることを伝えるのは非常識です。

辞めるときには、オーナーや社長、店長に辞めることを伝えると思います。
時間が合わなくて、オーナーや社長に伝えれないときには店長などの責任者の方に伝えてください。
オーナーや社長に会える日がいつになるかわからないということで、LINEやメールで伝えたりすることは絶対にダメです。
シフトが入っている時に、責任者と会えない場合でも、あなたが時間を作って会える時に会いに行って直接伝えましょう。

正直、辞めることを伝えるのは気が引けますし、伝えにくいでしょう。
あなたが一生懸命仕事をしてきて重要なポジションに付いたり、多くの仕事を任せられている場合には引き止められたりするかもしれません。
それでも、次の目標ややりたいことなどを真剣に伝えればわかってくれます。

非常識なことをやらず、真摯に向き合って話してくださいね!

アルバイトを辞めるときには「辞められると困る」と言わせる

私は、アルバイトなどすべての仕事を合わせると10以上の職種をやってきました。
飽き性なので、仕事に飽きてくると情熱(やる気)が無くなってくるという悪いクセがあります。
しかし、私が辞めるときには、9割くらいのアルバイトや仕事先で「辞めないで」と止められてきました。

ただの自慢になるかもしれませんが、正社員だろうとアルバイトだろうと、できることは一生懸命やってください。
「俺のほうが誰よりも仕事できる!」と言い切れるくらい仕事を真剣にやりましょう。
そして、辞めるときには止められるくらいの無くてはならない存在になりましょう。

私は色んな仕事をやってきましたが、今までやってきた仕事の中で無駄だった仕事はありません。
色んな経験が今の私を作っていますし、これまでの経験が今の仕事に活かされることは何度もありました。

1つの仕事を一生続けていくこともスゴいことですが、いろんな職種やいろんな考え方の人と仕事をするのも中々できない体験です。
いろんな職場にいろんな人がいますので、無駄なことは一つもないです。
ダラダラ仕事やアルバイトをやることが一番ためにならないことです。
「おれ、アルバイトだから…。」というのではなく、「正社員よりも仕事やってやる!」という気持ちで仕事をしたほうがあなたのスキルアップにもなりますよ!

アルバイトするならお祝い金をゲット!

アルバイトの募集サイトは色んな所がありますが、ギガバイトというサイトに登録してバイトを探すだけで、最大15万円のお祝い金をもらうことができます。

アルバイト先が見つかるだけではなく、お祝い金をもらうことができたら最高ですよね!
全国で20万件以上のアルバイトやお仕事の情報が載っているので、色んなアルバイトを探すことができます。

3分でサクッと稼ぐなら『ギガバイト』



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です