高校生のスマホをフィルタリング! 使用制限すると子供が怒る?

自分の子供がスマホを持ってからというものの、スマホに熱中していて勉強やスマホ依存が心配…
どうにかしてスマホの使い方を見直さなければ…と高校生のお子様を持つ親御さんは悩みを抱えているのではないでしょうか?

スマホを持たせることによってメリットはもちろんありますが「悩み」や「不安」も増えてしまいます。

スマホはとても便利で年頃の子供が熱中するのも無理ありませんが、使い過ぎの現状からは脱したいですよね。
そんな時にオススメする使用制限方法や気を付けるべきポイントをご紹介したいと思います!

高校生のスマホの使用制限にオススメ?フィルタリングって何?

「子どもが何にスマホを使っているか分からない」
「子どものプライベートな部分を全く知る事ができない」
「スマホ依存に陥るのではないか心配」
など、子供のスマホの使い方に悩みを抱える事が増えてきますよね。

そんな高校生のお子様を持つ親御さんにオススメしたい使用制限方法が「フィルタリング」になります。
フィルタリングって何なのか?どんな機能なのか?
まずは「フィルタリング」がどういったものなのか知っていきましょう!

高校生のスマホ制限にオススメ!フィルタリングって何?

ネットにはたくさんの危険が潜んでいます、自分の子供がネット被害に合わないようにする、使用時間を制限するためには「フィルタリング」をしましょう。
フィルタリングとは、アダルトサイトや危ないサイト、出会い系サイトや18歳未満が閲覧不可のサイトへアクセスすることを防ぐことができます。

子供はネットへの危険を身近に感じておらず無防備な状態でネットを利用しています。
子供の安全を確保するためには、まずは親御さんが子供のスマホの使用制限を行うことが重要なポイントになります。

Androidではサイトのアクセス制限だけではなく、スマホアプリの制限もかける事ができます。
フィルタリング機能やフィルタリングアプリを有効活用して子供のスマホ使用制限をしつつ、子供を危険から守る事ができます。

使用制限をすると子供との関係が悪くなる?子供が怒る?

親子 トラブル

使用制限をする時に多い悩みが
「子供が怒るのではないか?」
「子どもとの関係は悪くなってしまうのではないか?」だと思います。

子供がフィルタリングや使用時間を制限することに意見をした時には、真摯に向き合いましょう。
頭ごなしに「使ってはいけない!」と言葉を放つことは好ましくありません。
なぜスマホを使用したいのか?
今スマホを使う理由は何なのか?
子供に話を聞いてから、話を進めるようにしましょう。

親御さんの対応次第で子供との関係が悪くなるか悪くならないか、が決まります。
こちらが丁寧に対応すれば子供も理解を示してくれるはずです。
親だけで使用制限を勝手に決定してしまうのではなく、子供も交えて今後のスマホの使い方について話し合うことが重要になります。

「こんな被害や危険なことが潜んでいる」と説明し、子供が理解してくれるまで付き合い話し合いを行うようにしましょう。
理解をしてくれた上でスマホを使用するときのルールやフィルタリングの同意を得るようにしましょう。

フィルタリングはどうやって設定すればいいの?やり方は?

迷惑メール

便利なフィルタリングですが、設定の仕方をまだご紹介していませんでしたね。
難しい言葉に聞こえるフィルタリングですが設定はとても簡単でスピーディに設定することができるのです!

フィルタリングの設定方法

キャリアでスマホを契約した場合は、フィルタリングサービスを無料で使用することができます。
スマホ契約会社に「フィルタリングを使用したい」と声をかけるだけで簡単にフィルタリングを設定することが可能です。

  • ドコモ「アクセス制限サービス」「あんしんモード」
  • au「安心アクセスサービス」「安心アクセス」(iPhone版、android版)
  • Softbank「ウェブ安心サービス」「Yahoo!安心ネット」

iPhoneのフィルタリング設定方法

設定アイコンをタップ →
「一般」を選択 →
「機能制限」へ進む→画面上部の「機能制限を設定」をタップ →
機能制限用パスコードの設定 →
機能制限をしたいアプリをオフ

Wi-Fi環境ではフィルタリングが使えない?本当?嘘?

SNS

フィルタリング機能はWi-Fi環境では使用できないとの噂が流れていますが、それは全くの嘘です。
Wi-Fi環境でもしっかりとスマホをロックすることは可能です。
(※本体にインストールするフィルタリングアプリを使用してください)

フィルタリングは無料?有料?使用するときにお金はかかるの?

上記でご紹介した通り、フィルタリング機能は「無料」で使用することができます。
キャリアによってはプランを追加することで発生するお金がある場合はありますが、基本のフィルタリングプランの使用は「無料」です。

フィルタリングを使用することでお金が発生する心配はありません。

フィルタリング機能を設定するだけで使用制限をかけることができるのです。

親が子供のスマホの使用方法を知っておく

「スマホの使用制限」や「フィルタリング」を行う場合は親がしっかりとスマホの使用方法を知っておくことや、ネットに関しての正しい知識が必要になります。
自分の子供を守るためには必要な事です。時間を惜しまずたくさん調べてみましょう。

スマホ事情に詳しくなっておく

「ネット被害が起こっている」「ネットは危険」ということだけ伝えても説得力に欠けてしまいます。
子供を説得するにはそれなりの知識が必要となります。

「どんなネット被害が起こったのか?」
「なぜネットは危険なのか?」
子供に問いかけられた時に答えられるようにネットやスマホ事情について詳しくなっておくようにしましょう。

「こんな危険があるから、使い方を変えて見ないか?」と子供たちにアドバイスをしながら提案することで子供は受け止めやすくなるでしょう。

家族でスマホの使い方を納得して決めておくことで子供との関係が悪くなることも無く、スマホの使い方も見直すことができるようになります。
スマホ依存に陥ってからでは遅いのです。
今回ご紹介したフィルタリング機能を有効活用して今から子供のスマホの使い方を見直してみてはいかがでしょうか?

UQモバイルが最強な理由!

格安SIMの一番のデメリットでもある通信速度。
Docomo回線を利用している格安SIMの通信速度の遅さは絶望的です。

管理人は、楽天モバイルとOCNモバイル(どちらもDocomo回線)を使用しました。
通常は問題なく使えますが、お昼時(12時~13時)や休憩時(10時、15時)の回線の遅さにはイラつきを隠せませんでした。

また、無料通話(5分~10分)が付いているかけ放題プランに加入していましたが、電話番号の頭に6桁の番号が必要になります。
専用のアプリから電話をかければ自動的に6桁の番号は付けてくれます。しかし、着信履歴から電話をかけ直す場合にも、専用のアプリに入り直さなければいけないのでそれが面倒でした。

UQモバイルは、auが全面的にバックアップをしていて、ネット通信も電話も通常通り利用することができます。
通信速度が遅いと感じることはありませんし(4G)、電話もアプリなど必要ありません。
auと同じ状態で1,480円~利用することができるのです。
格安SIMならUQモバイル以外はありえないでしょう!

UQモバイルのデメリットは、auなのでDocomoよりも少しだけ電波が入らないところがある。ということは感じました。
しかし、安さと快適さを兼ね備えている格安SIMはUQモバイルだけだと断言できます!

  • auの全面的なバックアップ
  • auと同じ条件なのに月々の利用料金は1,480円~
  • 無料通話も専用アプリ無しでOK
  • 通信速度が早くて快適

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です