高校生の子供にスマホを購入! 安いスマホはどこで買う?

決して安い買い物ではない「スマホ」通信料や機種代で家計が圧迫されてしまう可能性も…?
ですが、今のご時世子供にスマホを持たせないわけにもいかないですよね。
周りの友達はみんな持っている、自分の子供だけスマホを理由に仲間外れにされてしまったら…?
と考え始めるとスマホに関しての悩みはたくさん出てくると思います。

そこで高校生の子供にスマホを購入するときにオススメするのが「格安スマホ」です。
近年では月額料金の安さが魅力の「格安スマホ」がたくさんあります。
そんな格安スマホはどこで手に入れればよいのか?まず、格安スマホとは一体どんなものなのか?ご紹介していきます。

子供に格安スマホを持たせる時には何を選べばいい?

子供にスマホを持たせる場合、高校生にオススメできるサービスがあります。

そちらのサービスを利用することで「好きな機種が選べる」「月額料金が安くなる」と
メリットがたくさんあります。
子供に格安でスマホを持たせる場合には「格安SIM」をオススメします!
「格安SIM」っていったい何なのか、どんなサービスなのでしょうか?

高校生にオススメ!格安SIMとは?

格安SIM

格安SIMは月額料金をキャリアと契約したときにと比べて半分以下に抑える事も可能なサービスのこと。
月額料金の安さに世間も注目を集めています。

また、格安SIMには月額料金を抑えるだけではなくフィルタリング機能も搭載!
子供が安全にスマホを利用するための嬉しいプランや機能がたくさんついています。

お子さんだけでなく、家族で契約することで安い料金からさらに安くすることも可能です。
そして高校生には嬉しい「好きな機種を持つことができる」点もオススメできるポイントとなっています。

子供にスマホを持たせるときに知っておきたいポイントとは?

子供にスマホを持たせる前に、子供にスマホを持たせる際に親御さんが気を付けてほしいポイント、知っておきたいポイントをご紹介します。

  • スマホ依存に陥らないようにスマホの使用についてルールを決める
  • 勉強面、生活面にも気を配るようにする
  • ネットは危険であることを子供に理解してもらう

この3点を頭に入れてから、スマホ購入へ移るようにしてください。

スマホは正しい使い方をすれば便利で、有効活用できるアイテムですが少し間違った使用の仕方をすると後戻りできなくなるので、スマホを子供に持たせる前に親子で「スマホ」についてのルールを決めるようにしましょう。

子供のスマホ費用を格安に抑えるにはどうすれば良いの?

本題に戻りますが、スマホ費用を格安に抑えるためには「格安SIM」をオススメしてきました。
ですが、格安SIM以外にも子供のスマホ費用を安く抑える方法があります。

格安SIM以外での費用を抑える方法をご紹介します。

格安SIMだけじゃない!?スマホを安くする方法は?

  • 最新機種ではないスマホを使用する
  • 通話を使用せずに無料コミュニケーションツールを使用する
  • iPhoneではなくandroidを使用する
  • 各キャリアの学割や家族割など安いプランを選ぶ
  • ギガ数の少ないスマホを選ぶ

この中でも1番オススメするのが「最新機種ではないスマホ」を使用する方法です。
スマホは最新になればなるほど本体代が高くなります。

ですが、型の古いスマホでも機能性に問題はなく使用することができるのです。
学生に人気のiPhoneも最新機種にこだわってしまうと値段が倍に跳ね上がることも…
「iPhoneであるなら何でもよい」のであれば、最新機種ではないiPhoneを使用することでスマホ費用が安く抑えられます。

より格安に済ませたい場合はiPhoneよりもandroidを選ぶ方が確実に安く抑える事ができます。
お子さんが「iPhoneでないと嫌だ!」という考え方でなければandroidをオススメしてはいかがでしょうか?
AndroidもiPhoneの性能に劣らず快適に使用することができますよ!

格安スマホはどこで買うべき?

高校生にオススメできる「格安スマホ」ですが、どこで購入するのが良いのでしょうか?
ネットに数々出品されている格安スマホですが、実物を見ない事には状態が確認できず心配になりますよね。
ですが、格安スマホは実は身近なある場所で買うことができるのです!

ネット以外でも購入できる!?格安スマホはどこで買う?

  • 家電量販店
  • 中古専門のスマホ店

ネット以外の購入方法は上記の2つになります。

格安スマホを販売している会社が家電量販店のスペースを借りて格安スマホを販売しています。
様々な会社の格安スマホが店頭には並んでいるので、家電量販店へ行けば各会社のプランや料金を一気に見比べる事ができます。

中古スマホ店では、その名の通り中古のスマホを扱うお店になります。
中にはキャリアのスマホを販売している事もあります。
掘り出し物が見つかる可能性も多いですが「中古品」になりますので、購入した後に不備が発見されるケースも少なくないのです。

安く購入することはできますが、トラブルがないとは断言できないのです。

その他の購入方法は?

実は、紹介した以外にも購入できる場があるのをご存知ですか??

オークション

個人で価格設定を行うことができるため格安スマホをより格安に手に入れる事も可能。

フリーマーケットサイト

安い人気の商品はすぐに他の購入者に目をつけられてしまいなかなかゲットすることが難しい状況になります。
またフリマアプリではトラブルが多数発生しているため要注意となります。

オークションやフリマアプリ&サイトで購入する場合は発送に関しても個人が行う物なので良い状態で発送されてくるか怪しいところが気にかかります。

格安スマホのメリットは?デメリットって何?格安だからこそ気になるポイントとは?

大手キャリアから本当に格安スマホに乗り換えて大丈夫なのかな?
安すぎて心配になる…と安さゆえに気になる「メリットとデメリット」
スマホ費用を格安に抑えているため、キャリアと契約をする時とは違うポイントがあるのです。

キャリアとは違うポイントをしっかりと抑えた上で格安スマホに乗り換えるようにしましょう。

格安スマホのメリットって?

  • 無駄のないプランを選ぶことができる
  • 契約期間を短く設定することができる
  • 月額料金が安くなる

格安スマホのデメリットって?

  • キャリアのメールを使用することができない(@ezweb.ne.jpなど)
  • すべての設定を自分で行わなければならない
  • 通信速度が遅い
  • 通話料が高い

メリットとデメリットを見てみると格安スマホを使用した方が良い人と、キャリアで契約した方が安く済む人に分かれます。
通話機能を頻繁に使用する方には格安スマホはオススメできません。(LINEやSkypeなどの無料通話ツールを使用すれば対処できる)

格安SIMの中でも、アプリを使用して5分~10分間の通話は無料という格安SIMもあります。(電話番号の頭に6桁の数字を入れなければいけない)
また、UQモバイルはアプリを使用しなくても(6桁の数字を入れなくても)、5分以内の通話はかけ放題というプランがあります。

UQモバイルは、auが親会社として格安SIMを販売しているのですが、auが全面的にバックアップしているため、auと同様の使い方ができるようになっています。
かけ放題もアプリや番号を入れなくても使用できるようになっていますし、格安SIMのデメリットでもある通信速度が遅いということもauと同様に使用できるため、通信速度が遅いということはありません。

docomo系の格安SIMは、朝やお昼、夕方、休憩時間のときなど多くの人が使用するときには使えないくらい通信速度が遅いので、スマホをピコピコやりたい方はUQモバイルが一番オススメになります。

UQモバイルが最強な理由!

格安SIMの一番のデメリットでもある通信速度。
Docomo回線を利用している格安SIMの通信速度の遅さは絶望的です。

管理人は、楽天モバイルとOCNモバイル(どちらもDocomo回線)を使用しました。
通常は問題なく使えますが、お昼時(12時~13時)や休憩時(10時、15時)の回線の遅さにはイラつきを隠せませんでした。

また、無料通話(5分~10分)が付いているかけ放題プランに加入していましたが、電話番号の頭に6桁の番号が必要になります。
専用のアプリから電話をかければ自動的に6桁の番号は付けてくれます。しかし、着信履歴から電話をかけ直す場合にも、専用のアプリに入り直さなければいけないのでそれが面倒でした。

UQモバイルは、auが全面的にバックアップをしていて、ネット通信も電話も通常通り利用することができます。
通信速度が遅いと感じることはありませんし(4G)、電話もアプリなど必要ありません。
auと同じ状態で1,480円~利用することができるのです。
格安SIMならUQモバイル以外はありえないでしょう!

UQモバイルのデメリットは、auなのでDocomoよりも少しだけ電波が入らないところがある。ということは感じました。
しかし、安さと快適さを兼ね備えている格安SIMはUQモバイルだけだと断言できます!

  • auの全面的なバックアップ
  • auと同じ条件なのに月々の利用料金は1,480円~
  • 無料通話も専用アプリ無しでOK
  • 通信速度が早くて快適

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です