干し野菜の便利な使い方を徹底紹介!

野菜の値段が上がっている時期だと、どうしても家計を考えて野菜が少なくなってしまう…そんなご家庭も多いのではないでしょうか。

また、野菜を買っても使い切れず駄目にしてしまうご家庭もあるかもしれません。もっと野菜を気軽に取り入れる方法として便利な「干し野菜」があります。

干し野菜とは

野菜の本来持っている美味しさや深みを引き出したい人におすすめなのが、干し野菜です。干し野菜は切った野菜を太陽に当てて干したものをいいます。

野菜をそのまま食べるよりも旨味が凝縮して甘みを感じやすい特徴があります。健康のためにもたくさんの野菜を食べたいと思っていても、もともと苦手な人だと辛いと感じることも。

干し野菜にすることで野菜の癖なども減り、食べやすくなります。野菜によっては干すのに向かないものもあり、水分が多めの野菜はおすすめしません。

干し野菜の調理方法

干し野菜はまずは洗ったうえでしっかりと水気をふき、切ったあとに風通しの良い場所で干して作ります。工程は少なく自宅で作っている方もいます。野菜に余計な調味料を足すことなく出汁そのままの味が出るので、どんな料理にも使えて美味しく仕上がります。

塩分を気にしている人にとって調味料が少なくて済むのはとても健康的ですね。煮込み時間も短く時短料理を目指している人にも向いています。干し野菜は、実だけでなく皮や葉っぱの部分も一緒にまるごと使えます。

旬の野菜を干し野菜にしてその栄養を増やして食べるのがポイントです。保存もでき、好きなときに料理にちょっと足して食べられるので便利です。

Dried spices, sun-dried tomatoes, dried carrots, Basil and herbes de Provence in a glass jar Copy space

例えばお味噌汁に入れるだけでも、簡単に栄養豊富な野菜たっぷりのものができますし、炊き込みご飯や、ハンバーグ、おやつ作りなどなんでも使えます。

通常の野菜と同じように使えますし、すでに切ってあるので包丁を使わずに一品が完成します。傷む心配もないので、常備野菜として置いておくと、毎日のごはん作りの手間も格段に楽になるはずです。

まとめ

野菜をもっと気軽に食卓に取り入れられるのが、干し野菜の魅力です。とても小さな見た目からは想像できないぐらい栄養も豊富で旨味がずっしりと詰まっています。

どんな料理にもアレンジできること、野菜本来の美味しさもあり癖になること間違いなしです。健康のためにあえて干し野菜を使っている人もいるそうです。野菜を無理なく使って毎日の食卓から、元気な身体つくりを意識していきたいものですね。

健康に良い食べもんは、食べもんぢからで是非!

当ブログを管理している当店では、健康に良い食材をたくさん販売しております!季節に合わせた特集やキャンペーンも用意していますのでぜひ見に来てくださいね(^^♪

動画で見たい人はコチラ!

今回の干し野菜に関する記事を動画でもまとめておりますので、良かったら是非見てください♪その他にも、食に関する色々な動画を配信中です!

最新情報をチェックしよう!