カプサイシンの効果が期待できる鷹の爪とは

唐辛子の一種として知られる「鷹の爪」は、細く小さくカットされており料理のアクセントなどによく使われています。

唐辛子のピリッと辛い風味が癖になり、ついつい食が進みますよね。身近なところだときんぴらに入っている赤い唐辛子が鷹の爪です。そんな鷹の爪にはさまざまな効果が期待できます。知られざる鷹の爪の魅力について、解説します。

唐辛子の鷹の爪とは

日本で唐辛子の文化が広まったのは16世紀に入ってからになります。日本に唐辛子の文化が入ってから、その地域ごとに唐辛子の文化が発展していったと考えられています。唐辛子は日本でも栽培されていた時期がありますが、非常に手間がかかることもあり生産量が減少、現在は輸入がメインとなっています。

鷹の爪とは、実が6cm程度のものになり、少し曲がった形をしています。この形が鷹の爪に似ていることで名前が付けられたといわれています。緑から熟すことで真っ赤になり乾燥させ香辛料として使います。

また、香辛料以外にも防虫効果なども期待できるとして、日常生活のなかでさまざまな場所に取り入れられてきました。この鷹の爪にも旬があり、秋から冬にかけての時期に収穫し乾燥させて、一般向けに出荷されると言われています。

鷹の爪の知られざる健康パワー

鷹の爪を食べるときに、辛味を感じることがあります。これはカプサイシンと呼ばれるものになり、アドレナリンの分泌を促し体温の上昇や発汗作用を促す効果があります。

また、ダイエット中の人にとっては脂肪を燃焼させるなども、鷹の爪の効果です。胃を刺激しつつ消化液の分泌を促しながら食欲の増進にも繋がるなど、カプサイシンの効果が期待できます。ただし食べ過ぎると胃が荒れてしまうこともありますし、下痢や胃腸の乱れに繋がります。

食べすぎることなく適度な量を摂ることで、鷹の爪の効果が得られるようになります。ちなみに鷹の爪が辛いのは、種だと思っているかもしれません。辛さの原因は「ダイザ」と呼ばれる場所になり、この部分が辛さの原因になっています。

まとめ

鷹の爪はちょい足しの香辛料として使うことも多い食材です。健康や美容にとっても嬉しい効果が期待できますし、寒い時期には体を温めてくれる効果もあります。

いつもの料理にちょっと辛味がほしいときにも使えるので、鷹の爪の特徴をいかしたさまざまな料理で試してみてはいかがでしょうか。鷹の爪は使い方次第でおり味わい深く楽しめる食材です。

お安くて美味しい鷹の爪は、食べもんぢからで是非!

当ブログを管理している当店では、おすすめしたい鷹の爪も販売しております!季節に合わせた特集やキャンペーンも用意していますのでぜひ見に来てくださいね(^^♪

本ブログ運営をしている食べもんぢから楽天店に繋がります(*'ω'*)

楽天やYahoo!で購入できます!是非、一度見に来てください(*^-^*)

食べもんぢから。楽天店

https://www.rakuten.co.jp/tabemon-dikara/

食べもんぢから。Yahoo!店

https://shopping.geocities.jp/tabemon-dikara/?__ysp=6aOf44G544KC44KT

最新情報をチェックしよう!