アメリカでは揚げ物にも使うコーンミールとは

あなたは「コーンミール」を知っていますか?日本ではあまり馴染みのないものかもしれませんが、実はアメリカでは家庭の味として長年親しまれているものです。

コーンの優しい甘みを感じられるのも特徴になり、アレンジの幅次第で種類が豊富に楽しめます。コーンミールについて、わかりやすく解説していきたいと思います。

■コーンミールとは

コーンミールは、黄色の粉状のものになります。乾燥したとうもろこしの胚乳部分を使っています。私達の身近なところでいうと、アメリカンドックで使う外側のパンの部分にコーンミールが使われることも多いと言われています。

ほんのりと甘みがあり、つい食べたくなる不思議な味をしていますよね。コーンミールは大半が炭水化物になるため、国によっては主食としてコーンミールを取り入れるところもあります。イングリッシュマフィンについているのもコーンミールなど、世界各国で愛されている食材なのがわかると思います。

ちなみに、少し粒の洗い物をコーングリッツと呼ぶなど、似ているようで違うものです。日本でもコーンミールの需要は高まっていますが、このあたりの基準は厳しく定めています。原材料が同じでも形状が違うと、呼び方が変わります。

コーンミールを使ったおすすめレシピ

コーンミールはアレンジしやすい食材でもあります。最も定番なのが、小麦粉の代わりにコーンミールを使う方法です。パンに使ったものをよく見かけると思います。

ほんのりと甘みもありつつ、コーンの風味があるので、食事パンとしても役立ちます。また、クッキーにもコーンミールを使うことがあります。他にバターやミルクだけを合わせる簡単なものになりますし、具材もシンプルなものなので安心してアレンジできます。

また、鶏肉でピカタを作るときの衣として使う人もいるようです。口当たりもいいのでコーン好きな人にとっては、親しみやすく美味しいと感じるのではないでしょうか。

まとめ

コーンミールはもともと海外がメインの食材ではありますが、日本でも見かけることが多くなってきました。小麦粉にも似ていますが、調理したあとの味わいもどことなく違い、癖になる美味しさがあります。

コーンミールにしか出せない美味しさもあると思います。どんなアレンジをしようかなと考えるのも楽しみなのではないでしょうか。小麦粉と合わせて使ってみてもいいと思います。コーンミールの優しい甘みを実感してみてくださいね。

お安くて美味しいコーンミールは、食べもんぢからで是非!

当ブログを管理している当店では、おすすめしたいコーンミールも販売しております!季節に合わせた特集やキャンペーンも用意していますのでぜひ見に来てくださいね(^^♪

本ブログ運営をしている食べもんぢから楽天店に繋がります(*'ω'*)

楽天やYahoo!で購入できます!是非、一度見に来てください(*^-^*)

食べもんぢから。楽天店

https://www.rakuten.co.jp/tabemon-dikara/

食べもんぢから。Yahoo!店

https://shopping.geocities.jp/tabemon-dikara/?__ysp=6aOf44G544KC44KT

最新情報をチェックしよう!