ナッツの王様?ピスタチオとは?美味しい食べ方!

数あるナッツのなかでも、独特の風味が癖になると人気の「ピスタチオ」は、ナッツの王様としても知られています。

殻を一つ一つ剥いて食べるひと手間すらも楽しくなりますね。ピスタチオにはどんな効果が期待できるのでしょうか。また、ピスタチオの美味しい食べ方についてもご紹介します。

ピスタチオとは?どんな効能があるの?

ピスタチオは、ウルシ科カイノキ属の落葉高木です。大きくなるとその高さは10m以上にもなるといわれており、艶やかな緑色をしている特徴があります。その見た目からも“緑の宝石”と呼ばれ親しまれてきました。もともとは古代トルコや古代ペルシャなどの地中海沿岸地域に自生しており、現在はアメリカトルコなどでも生産されています。

ピスタチオの味わいを気に入った旧約聖書に登場するシバの女王は、国内中にあるピスタチオを独占してしまったとも言われています。日本には19世紀頃に輸入され栽培するようになりましたが、気候が合わず定着しなかったため、輸入がメインとなっています。鉄・カリウム・胴などのミネラル、ビタミンB、オレイン酸、リノール酸、食物繊維なども含まれています。

ピスタチオは、緑色の濃いものを選ぶと美味しいといわれています。湿気に弱くピスタチオの風味を落としてしまうので、しっかりと密閉して保存するのがおすすめです。

ピスタチオの栄養成分表

Pistachio nut with and without shell. Vector color realistic illustration. Isolated on white background.
ピスタチオ(ロースト)の栄養成分表示100gあたり
エネルギー614kCal
たんぱく質17
脂質56
炭水化物21
食物繊維9.2

ピスタチオを美味しく食べる方法

Pistachios nuts

おやつやおつまみとしてピスタチオを食べるのであれば、そのまま殻を剥いて食べるのがおすすめです。本来の風味を楽しみたいときは生ピスタチオなどもあるので、試してみてくださいね。近頃はスイーツにアクセントとしてピスタチオを入れる人もいます。

ふりかけて使ってピスタチオの食感も楽しめるのが「ダイズタイプ」です。見た目にも鮮やかでおすすめです。混ぜ込んで使うのであれば「パウダー」を使うと、美しい緑が再現できるのでおすすめです。ピスタチオはナッツならではの風味も楽しめるので、アレンジの幅も広く最適です。

まとめ

ナッツの王様ともいわれるピスタチオは、普段ナッツ系を食べない人でも好きな人が多いのではないでしょうか。お酒のおつまみにすると、なんともいえない味わいが癖になりついつい食べすぎてしまうことも。

ピスタチオは栄養も豊富ですし、濃厚で香ばしい味わいが印象的です。お菓子作りの材料としても選ばれるのが納得ですね。ピスタチオを実際に食べ比べてみると、その魅力が伝わるのではないでしょうか。

お安くて美味しいピスタチオは、食べもんぢからで是非!

当ブログを管理している当店では、おすすめしたいピスタチオもたくさん販売しております!季節に合わせた特集やキャンペーンも用意していますのでぜひ見に来てくださいね(^^♪

楽天やYahoo!で購入できます!是非、一度見に来てください(*^-^*)

食べもんぢから。楽天店

https://www.rakuten.co.jp/tabemon-dikara/

食べもんぢから。Yahoo!店

https://shopping.geocities.jp/tabemon-dikara/?__ysp=6aOf44G544KC44KT

最新情報をチェックしよう!