自宅で本格的な中華が作れる甜麺醤とは

中華料理といえば、芳醇な香りがはっきりとした味わいで、つい食べたくなりますよね。日本とは違った味付けなのもあり、中華料理ならではの風味も楽しめます。

そんな中華の隠し味的な存在と言われているのが「甜麺醤(テンメンジャン)です。中華料理では定番ではあるものの、どんな調味料かわかっていない人もいるのではないでしょうか。

中華の定番である甜麺醤とは

甜麺醤は。見た目は赤褐色をした「味噌」になります。日本の大豆を使った味噌とは違い、甘い味付けなのも特徴です。中国の四川省の調味料になり、塩や麹を小麦粉に混ぜて発酵させて作ります。まろやかで甘みのある奥深い味わいが特徴です。

同じような見た目の調味料にコチュジャンがありますが、辛味を足しているなど、味が全く違います。甜麺醤はホイコーローなどの炒めものの味付けに使うことの多い調味料です。どんな料理にも味にコクが出ること、豊かな風味が出るのも特徴です。

中華料理を自宅で作るときは、甜麺醤だけあれば美味しく仕上がるといっても過言ではありません。料理の味がワンランク上がりますし、幅も広がるので、本格的な中華料理が作れるようになります。

甜麺醤を使うおすすめレシピとは

甜麺醤と最も相性がいいのは「お肉」です。例えば、中華料理の定番である北京ダックのソースなどで甜麺醤が使われています。また、先程も紹介したホイコーローの味付けに使っているのも甜麺醤です。

また、ジャージャー麺のお肉の味付けに使っているのも甜麺醤になるなど、中華料理にはいかに定番でかかせないかがわかると思います。お肉系を使った炒めものなどで味付けに困ったときは甜麺醤を入れておけば、味付けに失敗することもありません。

また、麻婆豆腐に入れると、甘さのなかにお肉のコクや旨味のようなものも感じられます。一般的には辛味のある豆板醤かもしれませんが、まろやかな麻婆豆腐を食べたいときは、甜麺醤を使っておけば失敗はありません。

まとめ

自宅で本格的な中華料理を楽しみたいときは、甜麺醤を使うのがおすすめです。甜麺醤は中華料理の調味料のなかでも辛さがない分、子供から大人まで幅広い世代で使いやすいのも特徴です。

麹を含んでいる分、炒めもののときにも野菜やお肉がふっくらと仕上がります。自宅で中華料理に挑戦したいと思っている人にこそ、甜麺醤は最適です。こんなに簡単に美味しい中華ができることに、驚くのではないでしょうか。

お安くて美味しい甜麵醬は、食べもんぢからで是非!

当ブログを管理している当店では、おすすめしたい甜麵醬も販売しております!季節に合わせた特集やキャンペーンも用意していますのでぜひ見に来てくださいね(^^♪

本ブログ運営をしている食べもんぢから楽天店に繋がります(*'ω'*)

楽天やYahoo!で購入できます!是非、一度見に来てください(*^-^*)

食べもんぢから。楽天店

https://www.rakuten.co.jp/tabemon-dikara/

食べもんぢから。Yahoo!店

https://shopping.geocities.jp/tabemon-dikara/?__ysp=6aOf44G544KC44KT

最新情報をチェックしよう!