ぶどうを原料としているビネガーとは?料理の使い方

料理にこだわればこだわるほど、使う調味料も良いものを使ってみたい!と思うものです。なかでもワインなどの洋酒が好きな人にとって、ぶどうを原料としているビネガーが気になっている人もいるのではないでしょうか。ビネガーとはどんな調味料なのか、使い方も含め、ご紹介していきたいと思います。

ワインビネガーとは

ワインビネガーはその名の通り、ぶどうを原料としている果実酢」のことを言います。そもそも私達が料理で使っているお酢には、大きく分けて2パターン存在します。料理に入れるお酢はお米などの穀物を原料としています。

それに対して果実酢はぶどうやりんごなどを使ったものになります。スーパーなどではお酢のコーナーに販売されています。果実酢全体に言えることですが、フルーティーで芳醇な香りや後味があり、料理に使っているお酢とは全く違うものです。

酸味が少なくまろやかな味わいであること、ほんのりと甘みを感じるためそのまま、炭酸などで割って炭酸飲料として楽しむことも。お酢のなかでもカロリーが低いので、毎日でも取りたい健康調味料として知られています。

ワインビネガーには白や赤などの違いはもちろん、産地による違いなどもあります。ぶどうが採れる産地によっても呼び方が変わるように、ビネガーで使っているぶどうによっても名前が変わります。味わいも違うので、比べてみると面白いかもしれません。

ワインビネガーの料理の使い方

Irish Beef Stew in matt gray bowl on concrete background. Stew with beef or lamb meat with potatoes, carrots, peas and herbs. Traditional american and european food. Dinner mear

ワインビネガーは果実味のある味わいなのもあり、お肉などの煮込み料理にも向いています。じっくりと時間をかけて煮込めば、臭みもなく、肉も柔らかく仕上がります。お酢にそういった効果があるので、より奥深い味を楽しめるはずです。

また、白ワインを使ったビネガーはカルパッチョなどのそのままで楽しめるものがおすすめです。赤と違って色がないこと、調理せずとも美味しくいただけます。ビネガーを使うだけでもおしゃれな料理に仕上がりますので、いつもと違った料理を楽しみたいときにもおすすめです。

まとめ

ぶどうを原料としているビネガーは、ワイン好きならずとも使って欲しい調味料です。普段、お酢が苦手な人にとっても酸味が少なく使えます。ビネガーにも種類がありますので、お気に入りのものを探してみてもいいと思います。

ぶどうならではの味わいはもちろん、りんごのビネガーも甘さがあり使いやすいものです。煮込み料理やカルパッチョなど活躍できる場所はたくさんあります。

お安くて美味しいあおさは、食べもんぢからで是非!

当ブログを管理している当店では、おすすめしたい果実酢も販売しております!季節に合わせた特集やキャンペーンも用意していますのでぜひ見に来てくださいね(^^♪

楽天やYahoo!で購入できます!是非、一度見に来てください(*^-^*)

食べもんぢから。楽天店

https://www.rakuten.co.jp/tabemon-dikara/

食べもんぢから。Yahoo!店

https://shopping.geocities.jp/tabemon-dikara/?__ysp=6aOf44G544KC44KT

最新情報をチェックしよう!