オリーブの実の色の違い、味や使い方

お酒のおつまみやサラダのちょっとしたトッピング、なかにはおやつなどで食べることも多い「オリーブの実」ですが、色の違いについて考えたことはありますか。

最もポピュラーなのは緑色の実になり、真っ黒なオリーブの実も見かけます。それぞれの違いや使い方などをまとめてみました。健康にも嬉しい食材だからこそ、上手にとりいれましょう。

オリーブの実の色の違いとは

緑のオリーブと黒のオリーブでは見た目も全く違いますよね。実はこれ品種の違いではなく、熟成度によって異なる色の差です。オリーブは、春になると真っ白な花を咲かせます。その後、夏にかけて緑色の実をつけ、徐々に大きな実に成長していきます。緑の実がしばらくするとだんだんと紫色に変化していき、完全に熟した状態では、真っ黒の実に変わります。オリーブの実の違いは、収穫した時期によるものです。

緑の実のオリーブはまだ若い実なので、塩味や渋みを強く感じやすく香りが強い特徴があります。オリーブの爽やかさが好きな人は緑の実のほうが好みかもしれません。それに対して黒い実のオリーブは、熟している分ほんのりと甘みがあり穏やかな味わいをしています。

香りこそ少ないものの、そのまま食べても美味しいオリーブとして知られています。緑の実もそのまま食べられますが、オリーブオイルなど加工して使うことのほうが多いかもしれません。生のままで食べたい人は黒い実のオリーブがおすすめです。

オリーブの実にはたくさんの栄養がある!

オリーブの実のなかには、たくさんの栄養を含んでいます。なかでも有名なのが「オレイン酸」になり、血中の悪玉コレステロールの働きを弱めるとも言われています。善玉コレステロールはそのままに、悪玉だけに働きかけてくれ体外に排出します。

また、抗酸化作用の高いビタミンEも豊富なので体内のサビや、活性酸素の除去なども期待できます。体内がサビると老化の原因になりますが、ビタミンEが守ってくれるのです。

オリーブの実(グリーン)の栄養成分表

オリーブの実の栄養成分表示100gあたり
エネルギー145kCal
たんぱく質1.0
脂質15.0
炭水化物4.3
食物繊維3.3

まとめ

オリーブの実はそのまま食べても美味しいことから、私達の食卓でも手軽に取り入れられるようになりましたね。塩分が気になる人は塩漬けしていないものや、しっかりと塩抜きしたものを選ぶのをおすすめします。

オリーブの芳醇な香りはもちろん、ちょっと足すだけでも味わいが変わるのも面白い点です。オリーブの実もメーカーによって味わいが違うので、お気に入りのものを探してみてはいかがでしょうか。

お安くて美味しいオリーブの実は、食べもんぢからで是非!

当ブログを管理している当店では、おすすめしたいオリーブの実も販売しております!季節に合わせた特集やキャンペーンも用意していますのでぜひ見に来てくださいね(^^♪

公式オンラインショップ、楽天やYahoo!で購入できます!是非、一度見に来てください(*^-^*)

食べもんぢから。公式オンラインストア

http://tabemon.shop/

食べもんぢから。楽天店

https://www.rakuten.co.jp/tabemon-dikara/

食べもんぢから。Yahoo!店

https://shopping.geocities.jp/tabemon-dikara/?__ysp=6aOf44G544KC44KT

最新情報をチェックしよう!