ブラジルの国民食、カリオカ豆の魅力を堪能しよう

日本には数多くの豆が存在していますが、実は海外からの輸入豆を使ったレシピも珍しくありません。その国ならではの料理はもちろん、日本の料理に合わせてみても美味しく楽しめます。

なかでもブラジルの国民食として知られるのが「カリオカ豆」です。具体的にどんな料理に使える豆なのでしょうか。

カリオカ豆とは

見た目はコーヒー豆のような茶色で濃い一本線などの模様の入ったデザインの品種です。見た目が違うのでイメージしづらいのですが、インゲン豆の一種になりうずら豆にも似ている外見をしています。

比較的歴史の浅い豆としても知られており、約20年前にブラジルで発見されました。その後、ブラジルの国民食である「フェジョン」に使われる食材として、長年愛されています。フェジョンは豆のシチューになり煮汁に適度なとろみがつき、柔らかな口当たりが楽しめます。

もともとは黒インゲンを使っていた時代もありますが、現在はカリオカ豆を使うご家庭も増えているそうです。日本でも500gが1,000円以下で購入できることもあり、たくさんの豆を使った料理を作りたいときにも向いています。豆なのもあり栄養価に優れたヘルシーフードとしても人気があります。

カリオカ豆の調理方法

カリオカ豆はそのまま煮豆のようにしてもいいですし、薄皮で潰しやすいので濾して使うこともできます。ほんのりとスパイシー感のある味わいであること、それ以外の味付けは薄くほとんどありません。そのため薄味で食べようとすると、日本人にとっては少し馴染みにくい味わいに感じるかもしれません。

カリオカ豆はインゲン豆の仲間ではありますが、小粒で長さも1cm程度しかありません。舌触りは、なめらかで食べやすく、スープのなかに入れる、サラダのメインに使うこともできます。

お肉と合わせたチリコンカンでも美味し良いですし、煮込み料理との相性もよく、味もしっかりと染みます。カリオカ豆ならではのぷっくりとした見た目もかわいらしいので、アレンジを考えるのも楽しくなりそうですね。

まとめ

ブラジルではよく食べられているカリオカ豆は、シンプルな豆ながら手頃な価格で購入できる豆としてもおすすめです。スープのなかに豆が入っているだけでも不足しがちなタンパク質を接種できますし、栄養も満点の一品になります。

輸入産の豆ならではの美味しさもありますので、ぜひ楽しんでみてください。ブラジルの家庭料理があなたの家でも気軽に楽しめるはずですよ。

お安くて美味しいカリオカ豆は、食べもんぢからで是非!

当ブログを管理している当店では、おすすめしたいカリオカ豆も販売しております!季節に合わせた特集やキャンペーンも用意していますのでぜひ見に来てくださいね(^^♪

公式オンラインショップ、楽天やYahoo!で購入できます!是非、一度見に来てください(*^-^*)

食べもんぢから。公式オンラインストア

http://tabemon.shop/

食べもんぢから。楽天店

https://www.rakuten.co.jp/tabemon-dikara/

食べもんぢから。Yahoo!店

https://shopping.geocities.jp/tabemon-dikara/?__ysp=6aOf44G544KC44KT

最新情報をチェックしよう!