輸入したえんどう豆、マローハットピースとは

グリンピースといえば、誰もが食卓で一度は見たことのある有名な豆の種類です。ピラフのなかにいることもありますし、パスタやベーコンソテーなどの炒め物で使われていることもあります。

日本ではグリンピースですが、イギリスで有名な「マローハットピース」を知っていますか。実は優れた栄養価のある食材でもあるのです。

マローハットピースとは

マローハットピースとは、青豌豆のことをいいます。メソポタミア文明の頃から人間に食べられていたという、とても歴史の深い豆になります。実は、私達がグリンピースと言っているのは、このマローハットピースであり、うぐいす豆の原料ともなっています。

そういえば食べたときの食感や風味などが似ていると思ったことはありませんか。艶やかな緑色をした豆になり、アレンジ次第でさまざまな食べ方ができるのも特徴です。

マローハットピースは煮豆にするのが最も美味しく、見た目の美しさはもちろん味わいにも定評があります。味付けをしなくても、そのままの風味が楽しめます。食卓に使うだけでも華やぎますね。

マローハットピースには豊富な栄養がある

私達の食卓でもグリンピースなどで、定番の食材です。マローハットピースのなかには食物繊維やタンパク質、カリウム、βカロテンなどのさまざまな栄養素が含まれています。他にも不足しがちな亜鉛やビタミンB1なども含む栄養が豊富な野菜です。なかでもタンパク質は、現代人には不足しがちだと言われています。

身体を作るために必要なのはもちろんのこと、器官にも影響を与えると考えられています。動物性と違いヘルシーなのでたくさんとっても問題ありません。

マローハットピースを豆のまま購入して自分で茹でることで、豆の栄養を存分に堪能できます。すでに茹でてあるマローハットピースを購入するよりもおすすめです。そのままの栄養をとりいれるのであれば、ご飯で一緒に炊き込むようにしてみてくださいね。

まとめ

マローハットピースという名前は聞いたことがなくても、グリンピースであれば誰もが知っている定番の食材だと思います。

独特な風味もあり苦手な人もいるかもしれません。でもアレンジ次第では癖を感じることなく食べられます。また、栄養価にも優れているので、苦手と思わずにアレンジを楽しんでみてもいいかもしれません。

マローハットピースはなかなか購入できないものの、毎日の食卓にアレンジ次第で取り入れられることもあり、挑戦してみてくださいね。

お安くて美味しいマローハットピースは、食べもんぢからで是非!

当ブログを管理している当店では、おすすめしたいマローハットピースも販売しております!季節に合わせた特集やキャンペーンも用意していますのでぜひ見に来てくださいね(^^♪

本ブログ運営をしている食べもんぢから楽天店に繋がります(*'ω'*)

楽天やYahoo!で購入できます!是非、一度見に来てください(*^-^*)

食べもんぢから。楽天店

https://www.rakuten.co.jp/tabemon-dikara/

食べもんぢから。Yahoo!店

https://shopping.geocities.jp/tabemon-dikara/?__ysp=6aOf44G544KC44KT

最新情報をチェックしよう!