なた豆の面白エピソード!美味しい食べ方とは

あなたは「なた豆」を知っていますか?日本では昔からある“縁起のいい豆”として伝えられています。ぐんぐん伸びる生命力の高さはもちろん、成長すると5メートル以上になることも。なた豆の美味しい取り入れ方についても紹介したいと思います。

なた豆とは

なた豆とは、マメ亜科の一年草の一種です。もともとは東南アジアで生産されていたものになり、日本には江戸時代に渡来しました。マメ科のなかでは最大級になることでも知られ、さやは40cm~60cmにまで成長します。太くたくましく育つ姿からは、強い生命力を感じずにはいられません。なた豆はその外見からも「刀豆」などと呼ばれることもあります。さやの形が刀に似ていることから、この名前がついたとも言われています。

なた豆は、花が絶え間なく咲くことから“子孫繁栄”の意味を持ちますし、ジャックと豆の木のモデルになったとも言われています。また大河ドラマの「篤姫」では、薩摩から江戸に旅立つときになた豆を贈るシーンも描かれたことから、当時の日本にとって、なた豆がいかに貴重なもので、生活に根付いていたのかがわかります。

ちなみになた豆は、カレーライスの福神漬にも使われています。地域よっても違いますが、成長しきっていない10cm程度のなた豆を収穫して塩抜きし、漬け込む方法が用いられています。実はとても身近で誰もが食べたことのある食材です。

なた豆をお茶で楽しむ

なた豆を料理として使うこともできますが、最も手軽にできるのはお茶として日々の生活に取り入れる方法です。香ばしい味わいがありますが、渋みなどもなく飲みやすいので、年齢など関係なく楽しめます。なかには鼻炎などの鼻の不快感の解消にも役立ったなどの声もあります。

飲みやすく、無理なくなた豆の効能を取り入れる方法です。なた豆のなかには「カナバリン」や「コンカナバリンA」「食物繊維」「カリウム」「ウレアーゼ」などの欲しい栄養素がギュッと詰まっています。健康をサポートしてくれる食材として注目されています。

まとめ

なた豆茶を使って、毎日の生活のなかで元気に過ごせるようにサポートしていきましょう。大切なことは美味しく続けられることです。

あくまでも食品なので続けてこそ、少しずつ変化を実感できるようになります。後味がすっきりとしていて、洗練された味わいなので、自然本来の旨味を実感できます。癖もなく飲みやすいからこそ、なた豆の良さを感じられるはずですよ。

お安くて美味しいなた豆茶は、食べもんぢからで是非!

当ブログを管理している当店では、おすすめしたいなたまめ茶もたくさん販売しております!季節に合わせた特集やキャンペーンも用意していますのでぜひ見に来てくださいね(^^♪

楽天やYahoo!で購入できます!是非、一度見に来てください(*^-^*)

食べもんぢから。楽天店

https://www.rakuten.co.jp/tabemon-dikara/

食べもんぢから。Yahoo!店

https://shopping.geocities.jp/tabemon-dikara/?__ysp=6aOf44G544KC44KT

動画で見たい人はコチラ!

今回のなた豆に関する記事を動画でもまとめておりますので、良かったら是非見てください♪その他にも、食に関する色々な動画を配信中です!

最新情報をチェックしよう!