ビタミンDが豊富なきくらげを毎日の食卓に取り入れよう!

季節の変わり目になると、なだか体調が優れない…。すぐに風邪を引いて長引くなどなんとなく不調を感じている人もいるのではないでしょうか。

誰だって元気でアクティブな毎日を過ごしたいものです。そんなあなたにこそ積極的にとって欲しいのがビタミンDを豊富に含む「きくらげ」です。

きくらげとは?気になる効能は?

木耳は、コリコリとした歯ごたえのある食感が特徴のきのこの仲間です。中華料理のトッピングなどで使われることも多く、癖もなくきくらげならではの風味が楽しめる食材です。海藻のようにも見える姿をしていますが、海用のクラゲに食感が似ていることから木耳と名前がつけられるようになりました。

日本では中国からの輸入きくらげが中心になり、国産のものはほとんど見かけません。シーズンによっては乾燥させずに出荷させる「生きくらげ」などもあり、ご家庭でも身近な存在になっています。

きくらげのなかには豊富な食物繊維はもちろん、きのこ類で最もビタミンDを豊富に含んでいます。近頃、免疫力UPの栄養素としてビタミンDが注目されています。借りし有無やリンの吸収を促進して、丈夫な歯や骨を作る役割を持っています。

太陽の光を浴びて体内でも生成される栄養素になりますが、冬など日照時間が少なくなる時期は食品から補うことも大切です。ヘルシーで使いやすいきくらげはおすすめの食材です。

乾燥きくらげの栄養成分表

Bowl of dried soybeans isolated on white background
きくらげ(乾燥)の栄養成分表示100gあたり
エネルギー216kCal
たんぱく質7.9
脂質2.1
炭水化物71.1
ナトリウム59mg

きくらげの美味しい食べ方とは

よく見かける乾燥したきくらげは、たっぷりの水に浸して戻す必要があります。そのままお刺身として食感を楽しむ方法もありますし、酢の物炒め物に入れても美味しいのでおすすめです。きくらげ自体に癖がありませんし、味がしっかりと絡みます。またナムルに細く切って入れている人もいます。

コリコリとした食感を生かしてサラダに入れたり、ちょっとしたアクセントにも使えます。天ぷらにしても美味しいですし、ラーメンの具材スープに入れても美味しく食べられます。

工夫次第でいろいろな料理に使えるので、試してみるのも面白いかもしれません。きくらげを水に戻すときは少し砂糖を入れておくと、長時間浸していても傷みにくいのでおすすめです。

まとめ

きくらげはビタミンDの多さからも注目されている食材です。乾燥タイプなら自宅に保管しておき、料理にちょっと足して使えるので無駄がありません。

どんなに健康に良いといわれるものも美味しく食べられなければ意味がないのです。きくらげの美味しさを実感してみてくださいね。

お安くて美味しいきくらげは、食べもんぢからで是非!

当ブログを管理している当店では、おすすめしたいきくらげもたくさん販売しております!季節に合わせた特集やキャンペーンも用意していますのでぜひ見に来てくださいね(^^♪

楽天やYahoo!で購入できます!是非、一度見に来てください(*^-^*)

食べもんぢから。楽天店

https://www.rakuten.co.jp/tabemon-dikara/

食べもんぢから。Yahoo!店

https://shopping.geocities.jp/tabemon-dikara/?__ysp=6aOf44G544KC44KT

最新情報をチェックしよう!