押麦はダイエットに使える?注意点や使い方のポイント

健康や美容を意識している人なら、一度は名前を聞いたことのある「押麦」ですが、調理が難しく使いにくいものだと思っていませんか。

確かに消化が悪いとも言われており、水分を吸収しにくい性質を持っています。押麦とはどんなもので、ダイエットに生かすにはどうしたらいいのでしょうか。

押麦やその効果とは

押麦はその名前からもわかるように「麦を押したもの」のことを言います。本来は大麦と呼ばれる食材になり、同じものです。大麦の外皮を取り除いたあとに蒸して、ローラーを使い平らに潰したものです。

押麦のなかにはたくさんの食物繊維や、カルシウム、カリウム、ビタミンなどを豊富に含んでいます。押麦のなかに含まれる食物繊維は水溶性・不溶性の両方が含まれているため、身体のなかの老廃物を排出したい人にもおすすめです。

押麦は、粒の真ん中に真っ直ぐな黒い線が入っている特徴があります。大麦のなかでも粘り気が少ないため、さっぱりとした味わいが楽しめます。ちなみにもち麦や丸麦などは製造工程の違いによって呼び方が変わりますが、すべて大麦を用いています。

押麦をダイエットに使うポイント

押麦は白米と一緒に炊いて食べる人も多いと思います。押麦だけでも食べることはできますが、パサパサ感が全面に出てしまい美味しいお米とは言えません。押麦は白米よりもGI値が低い食材になるので、しっかりと噛んで食べると適度な満腹感も得られます。

押麦は一度茹でたあとに、スープやサラダなどの具材として一緒に食べる方法もあります。食感がある分、いいアクセントにもなります。サラダには合わせる調味料やドレッシングによっても味がかわるので、毎日続けやすいのもいいですね。

ただ、注意しなくてはいけない点もあります。押麦は消化が良くないため、一度にたくさん食べすぎてしまうと消化不良の原因になってしまいます。下痢や腹痛などの不調の原因になるため、他の具材と一緒に混ぜて食べるようにしてください。また、あまりにも胃腸の調子が悪いときは控えるなどしていれば、押麦を食べても問題はありません。

まとめ

押麦はダイエットを意識している人にこそ、取り入れて欲しい食材です。白米とも違う独特の食感がありますが、粘り気がない分食べやすく料理にもアレンジしやすい食材です。

押麦ご飯として食べるだけでも、通常の白米よりもGI値が低くなり食べやすくなります。押麦ダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。

お安くて美味しい押麦は、食べもんぢからで是非!

当ブログを管理している当店では、おすすめしたい押麦も販売しております!季節に合わせた特集やキャンペーンも用意していますのでぜひ見に来てくださいね(^^♪

公式オンラインショップ、楽天やYahoo!で購入できます!是非、一度見に来てください(*^-^*)

食べもんぢから。公式オンラインストア

http://tabemon.shop/

食べもんぢから。楽天店

https://www.rakuten.co.jp/tabemon-dikara/

食べもんぢから。Yahoo!店

https://shopping.geocities.jp/tabemon-dikara/?__ysp=6aOf44G544KC44KT

最新情報をチェックしよう!